So-net無料ブログ作成

「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その7) [落語]

7.お累の死

登場人物:

深見新吉(深見新左衛門の次男)

お累(新吉の妻)

与之助(新吉とお累の子)

三蔵(お累の兄で羽生村の質屋の主)

和尚(法蔵寺の住職)

惣右衛門(羽生村の名主)

お賤(惣右衛門の妾)

作蔵(馬方)

与助(羽生屋の奉公人)

男(村人)

あらすじ:

新吉が戻るとお累は産気づく。産まれたのは玉のような男の児・・・、ではなく、小児の癖に鼻がいやにツンと高く、目は細いくせにいやにこう大きな目で、頬肉が落ちて痩せ衰えた骨と皮ばかりの男の児。帰りの道中で夢に見た兄新五郎の顔に生き写しで、新吉はぞっと身の毛立った。新吉は気が滅入り、食も進まない。

心配した三蔵は、姑と一緒にいるのは気詰まりだろうからと、羽生村の北坂という処に一軒家を建て、新吉一家をそこに住まわせてくれた。生活費は三蔵方で過不足なく仕送ってくれるので、稼ぎのない新吉はぶらぶらしている。

翌年、寛政8年の2月3日、新吉が法蔵寺へ参詣に行くと、和尚がつくづく新吉の顔をみて、「お前は死霊の祟りのある人で、病気は癒らぬ。・・・無縁の墓の掃除をして水を上げ、香花を手向けるのは大変な功徳になる」というので、新吉は法蔵寺に通ってこれを続けることに。3月27日、新吉が例の通り墓参りに出掛けると、御年21、2という婦人が馬方の作蔵と一緒に這ってきた。婦人の名はお賤と言い、羽生村の名主・惣右衛門の妾だった。累(かさね)の墓に願掛けに参っていたところ、新吉と出会う。お賤は江戸の出身で、貸本屋時代の新吉に見覚えがあるという。新吉もお賤のことを覚えていて、久しぶりの再会に、以来、お賤のところへ出入りするようになった。お賤の家で名主・惣右衛門とも懇意になり、小遣いやら、帯やらをもらうなどの世話になった。

お賤は調子がよし、酒が出ると一中節(いっちゅうぶし)でもやるから、新吉はなお近しく通う。この様子に村の者も次第に勘づくように・・・。これに心配した三蔵だったが、名主様が関わっており、知れてはならないということで、お累に意見を言わせることに。しかし、新吉は腹を立て、お累を打ち打擲するように。人の善いお累は段々と病気になり、癪ということを覚えて、只おろおろ泣いてばかりに。

稼ぎのない新吉は家のものを洗いざらい持ち出しては質に置き、お累の体調が悪くても、赤ん坊の虫が発(おこ)っても薬一服飲ませる料簡もない不人情ぶりに、三蔵は「金を遣るから手を切ってしまえ」と提案。しかし、お累は「たとえ親や兄弟に見捨てられても夫に附くのが女の道・・・」と言い切るので、「そうなれば兄妹の縁を切る」と30両の金をお累に渡す。

一方の新吉は、その金をもって遊び三昧。只、不憫なのはお累。赤ん坊にはピイピイ泣き立てられ、糸のように痩せても、薬一服飲ませてもらえない。三蔵の縁が切れているので、村の者も見舞いに来なかった。

ある日、三蔵は奉公人の与助を連れて、新吉の留守を狙ってお累の様子をうかがいに来たところ、日暮れ方の薄暗い部屋の中に、煎餅のような薄い布団を一枚敷いて、その上へ赤ん坊を抱いてお累が寝ていた。蚊が多いにもかかわらず、蚊帳はなし、蚊燻しもなし。蚊帳を釣ってやるからどこにあるかと三蔵がたずねると、蚊帳はおろか、あらゆる物は新吉が持ち出して質に入れてしまったという。三蔵は急いで与助に蚊帳を取りに帰らせ、ぼろぼろの行燈を探し出し、灯りをつけたが、今にも死のうかというほど痩せ衰えたお累の姿をみて愕然とする。お累は利かない体を起こし、兄に逆らった不孝を詫びた。ただ、今、新吉と別れると、男の子は男に付くものだから、与之助は置いて行けと新吉が言うのだという。赤ん坊を見殺しにはできないので、せめて、この子が4、5歳になるまではこのままにして欲しいという。「それではお累の体が持つまいに」と三蔵は新吉を憎んだ。与助が持ってきた蚊帳を釣って、持ち合わせの3両を小遣いに置いて、三蔵と与助は帰っていった。

入れ違いに新吉が作蔵を連れて帰ってきた。一文無しで、遊ぶ金がないため、仕方なく戻ってきたのだ。すると、家の中に立派な蚊帳が釣ってある。これを質に持って行けば2~3両にはなるだろうと、取り外しにかかる新吉。目が覚めたお累が、赤ん坊のためにこの蚊帳だけは持って行かないようにと懇願するが、新吉は聞く耳を持たない。三蔵が置いていった3両があるので、これをお持ちくださいと言うと、新吉は3両を手にした上に、それだけでは足りないと、蚊帳も持って行こうとする。お累が蚊帳にすがりつくのを力づくで引っ張ったので、お累の生爪がはがれて蚊帳に突き刺さっていた。蚊帳を肩に掛けて出て行く新吉を追って、お累が出口へ這い出して「新吉さん」というと、

新吉「何をいやァがる」

とツカツカと立ち戻ってきて、脇に掛かってあった薬缶の煮え湯をかけたものだから、与之助の顔へかかり、赤ん坊は絶命。持っていた薬缶を投げつけると、お累は頭から沸湯を浴びせられてしまった。

蚊帳を金にした新吉は作蔵と二人でお賤の宅へしけ込み、こっそり酒盛りをしていた。生爪の一件やら、赤ん坊のことで、当然とはいえ盛り上がらない。作蔵は寝てしまい、続いてお賤も眠りについた。外では雨がどうどうと車軸を流すように降ってきた。かれこれ八ツ時という時刻に、表の戸をトントンたたく音。お賤を起こし、戸を開けると、そこにはびしょ濡れのお累が立っており、手には赤ん坊を抱いていた。

お累「この坊やアだけは今晩夜が明けないうち法蔵寺へでも願って埋葬(ともらい)を致したいと存じます。・・・お賤さん、私が申しますと宅(やど)が立腹致しますから、どうかあなたから、今夜だけ帰って子供の始末を付けてやれと仰って」

お賤が新吉に帰るように促すと、新吉は怒り出し、利かない体のお累お胸ぐらを突き飛ばした。泥だらけになり這い上がるところをまた突き飛ばし、ピタリと戸を閉めてしまったから、表ではお累がワッと泣き倒れた。

その晩、新吉は寝付かれないでいたところ、突然、作蔵がうなされ出した。夢でもみているのかと、

新吉「胆を潰さァ、冗談じゃァねえ寝惚けるな・・」

作蔵「寝惚けたのじゃァねえよ。・・・あそこに寝ているとお前、裏の方の竹をぶっつけた窓がある。あすこのお前雨戸を明けて、どうして這入ったかと見ると、お累さんが赤ん坊を抱いて、ずぶ濡れで、痩せた手を己の胸の上へ載せて、よう新吉さんを帰しておくんなさいよといって、己が胸を押圧(おっぺしょ)れる時の、怖えの怖くねえの・・」

新吉「夢をみたのだ」

作蔵「夢でねえよ、あすこのところに・・・」

と指さした場所から男の声。

男「新吉さんはこちらにお出でなさいますか。お累さんが飛んだことになりましたから、方々探していたんだ、直に帰って下せえ」

致し方なく夜明け方に帰ってみると、お累は草刈鎌で喉笛を掻切って、片手に子供を抱いたなり死んでいた。

以下、その8へ続く・・・


「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その6) [落語]

6.勘蔵の死~迷いの駕籠

登場人物:

深見新吉(深見新左衛門の次男)

お累(新吉の妻)

三蔵(お累の兄で羽生村の質屋の主)

勘蔵(深見家の元・門番、新吉の伯父)

男(勘蔵が住む長屋の住人)

おかね(上記男の妻)

婆(勘蔵が住む長屋の住人)

駕籠屋

深見新五郎(新左衛門の長男、新吉の兄)

あらすじ:改心した新吉はお累に尽くし、その夫婦仲の良さに三蔵も感心していた。ある日、江戸から早飛脚があり、伯父の勘蔵が危篤状態とのこと。新吉以外に身寄りはなく、新吉にとってもたった一人の伯父。66歳と年も年だから、死に水を取るがよいと、三蔵は多分の手当を新吉に与えてくれた。

江戸下谷大門町にある勘蔵の長屋では、住人たちが勘蔵の世話をしてくれていた。勘蔵は新吉のことばかり噂をしていて、とても逢いたがっているという。

住人「勘蔵さん、新吉さんが来たよ」

勘蔵「有難え有難え、ああ待っていた、能く来た」

新吉「伯父さんもう大丈夫だよ・・・」

勘蔵は長屋の住人たちを帰し、新吉と2人になると改まった態度になり、形見を渡しておきたいという。汚れた風呂敷包の中から取り出されたものは1枚の迷子札だった。そこには深彫で「小日向服部坂深見新左衛門二男新吉」とあった。驚く新吉に、勘蔵は自分が深見家の門番であったこと、新吉は深見家の二男であること、兄の新五郎が行方不明であること、深見家はお取りつぶしになってしまったこと等々、これまでの経緯を説明する。真実を隠していたのは新吉がまっすぐに育って欲しいと思ってのこと。主従の関係にありながら、これまで厳しくしてきたことなどをどうかゆるして欲しいという。

新吉「そうかい、私は初めて聞いたがねえ、だがねえ、私が旗本の二男でも、家が潰れて三歳の時から育ててくれれば、親よりは大事な伯父さんだがら、・・・その恩は忘れませんよ・・・」

勘蔵は安心したように眠るように臨終した。小石川の菩提所に野辺送りし、供養した後、羽生村への帰路、駕籠屋の様子がおかしい。新吉は「亀有まで遣って、亀有の渡を越して新宿(にいじゅく)泊まりとしますから、四ツ木通りへ出る方が近いから、吾妻橋を渡って小梅へ遣ってくんねえ」と頼んだが、雨の降る暗闇の中、どういうわけか駕籠は同じ道をぐるぐる回るばかりで目的地へ到着しない。駕籠をあきらめ、小塚ッ原から一人で歩きはじめた新吉に一人の男が声をかけてきた。

男「おい若えの、其処へ行く若えの」

新吉は怖々と透かしてみると、年の頃38、9の色の白い鼻筋の通って眉毛の濃い、月代(さかやき)がこう森のように生えて、牢内から出たばかりという姿で、びっこを引きながらヒョコヒョコ近づいてくるので驚いたのなんの。

男「これは貴公が駕籠から出るときに落としたのだ、これは貴公様のか」

それは新吉の迷子札だった。

男「深見新左衛門の二男新吉はお前だの」

新吉「へエ私で」

男は新吉の兄の新五郎だった。お園を殺して、逃亡したが、お縄にかかり、長い間牢獄に入っていたという。牢を破って隠れ遂せて2年になるのだという。

新吉も近況を説明すると、新五郎が怒りだした。新吉が縁付いた三蔵は、新五郎がいた下総屋の元番頭で、お園殺しを訴人した憎き男なので、そんなところには帰るなという。

新五郎「永え浮き世に短けえ命、己と一緒に賊を働き、栄耀栄華の仕放題を致すがよい、心を広く持って盗賊になれ」

新吉「これは驚きました。兄上考えてご覧なさい。世が世なれば旗本の家督相続もする貴方が、盗賊をしろなぞと弟に勧めるということがありましょうか・・・。三蔵はそんな者ではございませぬ」

新五郎「手前女房の縁に引かされて三蔵の贔屓をするが、その家を相続して己を仇と思うか、サアそうなればゆるさぬぞ」

逃げようとする新吉だったが、道がぬかるんでいて転んでしまう。新五郎は上から押さえて、短刀(どす)で新吉の喉笛をズブリ・・・。

新吉「情けない兄さん・・・」

駕籠屋「モシモシ旦那・・・、大層うなされていなさるが・・・」

今のは夢であったかと新吉。今、どの辺かと尋ねると、ちょうど小塚ッ原のあたりだという。雨も上がったので、小用を足そうと降りると、そこはお仕置き場で、二ッ足の捨て札に獄門の次第が書いてある。始めに「当時無宿新五郎」と書いてあるので驚く新吉。怖々と細かに読み下すと、今夢に見た通りの罪状で、兄新五郎は処刑されたとあった。

以下、その7へ続く・・・。


「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その5) [落語]

5.土手下の甚蔵~お累の婚礼

登場人物:

深見新吉(深見新左衛門の次男)

土手下の甚蔵(羽生村のバクチ打ち)

清(せい)(甚蔵の知人の男)

農夫(羽生村の農民)

太左右衛門(羽生村の農民)

三蔵(三右衛門の息子で羽生村の質屋の主)

お累(三蔵の妹でお久の伯母)

母(三蔵とお累の母)

せな(三蔵の家の下女)

石田作右衛門(羽生村の顔役)

あらすじ:

新吉が訪ねた一軒家からは清(せい)という男が出てきて、そこは自分の家ではないという。家主は甚蔵という博打打ちで、何日も帰って来ないこともザラとのこと。自分は雨宿りでここにいるのだという。江戸者が近傍で宿を取るにしても水街道までいかなければ無いので、ここへ泊まっていけばよいという。

そこへびしょ濡れの甚蔵が帰ってきた。新吉に気がつくと、何もない家だが泊まっていけという。そして土手のところで人殺しがあったことを語り始めた。

清が帰ったあとで、甚蔵は、自分もかつては江戸にいたのだといい、田舎の人間とは話が合わないのだという。また、若い新吉が江戸からこの地に来たのには訳があるのだろうと、この家の留守番をしていてくれれば助かるといった話をする。そして、自分には身寄りがないので、兄弟分になろうという。酒はないので、番茶で兄弟分の杯を交わしたところで・・・

甚蔵「兄弟分になったからには兄に物を隠しちゃいけねえぜ」

新吉「ヘエヘエ」

甚蔵「今夜土手で女を殺したのはお前だのう」・・・

新吉「 ヘエ、どうも、ち・・・ちっとばかり、こ・・・殺しました」

甚蔵「ちっとばかり殺したってことがあるか」

それでいくら金を取ったのかと甚蔵が聞いてくるので、殺した女は自分の女房であること、自分は豊志賀に祟られていることなど、これまでの経緯を新吉は説明した。

甚蔵「薄気味悪いことばかり言いやがる。・・・それじゃあ一文無しか」

新吉「ヘエ~」

その翌日、甚蔵の家で休憩中の農夫たちの会話を新吉は耳にする。この日は三蔵どんのところで法事があり、殺されたお久の初七日で、法蔵寺に葬られたという。無尽のまじないにそういう仏様に線香をあげるとよく当たるのでと農夫たちに場所をたずねると、法蔵寺は「累伝説」の累(かさね)の墓がある寺ときけば分かるからとの説明を受ける。

法蔵寺でお久の墓を探していると、そこに下女を連れた美しい娘がいた。娘は死んだお久に似ていると思ったら身内の者だという。下女に自分は江戸から出てきたことを話すと、娘もかつて江戸で奉公をしていて、田舎に帰ってきたものの、話し相手がいないのだという。質屋の三蔵のところにいるのでぜひ遊びに来いとのこと。娘も、色白の新吉に一目惚れ。そこへ一匹のヘビが足下に現れ、驚いた娘は新吉の手にすがりつく。そして見つめ合う2人。

三蔵の家へ甚蔵が訪ねてきた。質に取ってもらいたい品物があるという。巻いてあった手ぬぐいを取ると錆び付いた鎌であった。これで20両を用立ててもらいたいという。三蔵は「冗談じゃない」と一蹴するが、甚蔵は引かない。その鎌はお久殺しに使われたもので、柄には丸に「三」の字の焼き印がしてあり、三蔵のところの鎌なのだ。この鎌が他へ知れたらまずいだろうというのだ。仕方なく三蔵は甚蔵に20両を渡した。

その晩のこと、三蔵の妹のお累(るい)が寝ている座敷にヘビが現れた。驚いたお累が駆け出したとたん、母親がそれを止めようとしたはずみで、囲炉裏に掛かっていた薬缶の熱湯をかぶり、お累は顔に大火傷を負ってしまう。

以来、お累は食事ものどに通らない落ち込み様に。火傷だけが原因ではないと感じた三蔵は下女のおせなから法蔵寺での一件を聞き出す。お累は新吉に惚れてしまっているという。村の口利きである石田作右衛門に頼み、甚蔵の処へ掛け合いにやることに。

作右衛門「年齢22、3の若え、色の白え江戸者のことで参った」

甚蔵「旦那、堪忍しておくんなせえ、田舎珍しいから、柿なんぞをピョコピョコ取って喰いかねねえ奴で」

作右衛門「誰が柿ィ取ったって」

三蔵の妹・お累が新吉に惚れてしまい、内儀(かみさん)になりたいと言っていることを伝えると、そいつは有難いと甚蔵。ただし、新吉には大きな借金があるので、それをきれいに片づけてもらえたらという。額を聞くと30両ばかりというが、もちろんこれは甚蔵の出任せ。作右衛門は三蔵にそのことを伝えると、

三蔵「相手が甚蔵だからそのくらいの事はいうに違いない。よろしい、その代わり、土手の甚蔵が親類のような気になって出這りされては困るから」ということで、30両を手切れ金代わりに渡すことで話が決着。作右衛門の媒酌で、11月3日に婚礼が行われた。ところが、いつまでたってもお累が出てこないので新吉が心配していると、屏風の外の行燈のところに鬱いで向こうを向いているお累がいた。訳を聞くと、

お累「こんな処へ来て下すって、誠に私はお気の毒様で、先刻から色々考えておりました。・・・私のような者だから、もう三日もいらっしゃると、愛想が尽きて直きお見捨てなさろうと思って、そればっかり私は心に掛って、悲しくて先刻から泣いてばかりおりました。」

新吉「そんな詰まらんことを言って、・・・お前の方で可愛がってくれれば何処へも行きません、見捨てるなどと此方(こっち)が言う事で」

お累「だって私はね、貴方、こんな顔になりましたもの」

その顔は法蔵寺で見たのとは大違い、半面火傷の傷、額から頬へ片鬢抜け上がり、あまりに人相が変わっていたので、新吉は身の毛が立った。しかし、つくづく考えてみれば、これも豊志賀の祟りなのかと新吉。

屋根裏で物音がするのでヒョイとみると、縁側の茅葺き屋根の浦の弁慶というものに草刈鎌が掛けてあり、そこに屋根裏を伝ってきたヘビが纏い付いたかと思うと、ヘビはポツリと二つに切れて縁側へ落ちた。驚いたお累は新吉にすがりつく。その手をとって新枕。悪縁とはいいながら、たった一晩でお累は身重となった。

以下、その6へつづく・・・