So-net無料ブログ作成

「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その1) [落語]

それでは早速、「真景累ヶ淵」のあらすじをご紹介してまいりたいと思います。「牡丹燈篭」の時と同様に、登場人物、あらすじ、という形式で記述していきたいと思います。

1.発端~宗悦殺し

皆川宗悦(根津七軒町の鍼医で高利貸)

志賀(宗悦の長女)

お園(宗悦の次女)

深見新左衛門(小日向服部坂の旗本)

その奥方(新左衛門の妻)

三右衛門(深見家の下男)

上方者(江戸某所の長屋の住人)

お鶴(上方者の妻)

家主女房(上方者が住む長屋の家主の妻)

甚太(上方者が住む長屋の住人で遊び人)

○(甚太の相方の男。名前不詳)

源八(上方者が住む長屋の住人のひとり)

△(同上。名前不詳)

あらすじ

根津の七軒町に住む皆川宗悦という鍼医(要するに盲人)は、50歳を超えてから女房と別れ(死別か離婚かは不明)、2人の娘との3人暮らし。姉の志賀は19歳、妹の園は17歳。宗悦は少しずつ貯めた金で高利貸しを副業にしていた。

安政2年の12月20日の午後、宗悦は何軒かの督促に出掛けるという。 今から出掛けると帰りはかなり遅くなりそうなことや、とても寒い日だったので、2人の娘は心配で明日にしなさいと勧めるが、小日向の殿様が「ずるい」ので、早く行きたいのだという。

この小日向の殿様は、深見新左衛門といい、小普請組で、至って貧乏なお屋敷に住んでいた。 奉公人は少なく、女中の役は奥方がつとめていた。宗悦が訪ねた時、殿様は珍しく在宅で、酒を飲んでいるところ。機嫌はよさそうだったが、宗悦が借金の督促に来たことを説明すると無い袖は振れぬからもう少し待って欲しいという。しかし、この借金はすでに3年越しになっているらしく、宗悦も引き下がらない。「私はこういう不自由な身体で根津から小日向まで、杖を引っ張って山坂を越して来るのでげすから・・・」、「天下の直参の方が盲人の金を借りて・・・馬鹿馬鹿しい・・・」と大声になっていく。

新左衛門:「このたわけめ、何だ、無体の事を申さば切り捨てたってもよい訳だ」

宗悦:「さア切るなら斬って見ろ」

新左衛門:「ナニ不埒な事を」「この糞たわけめが」

峰打ちのつもりだったが、あやまって宗悦を肩先から深く斬りつけてしまった・・・。 

この一件が表向きになるとまずいと考えた新左衛門は宗悦の死骸は油紙でしっかり二重に包み、封印をつけることに。下男の三右衛門に葛籠を買いに行かせ、そこに宗悦の死骸を包んだ油紙を積んでどこかへ捨ててくるようにと命じる。三右衛門には手間賃に十金を渡すので、そのまま故郷の下総へ帰れという。ただし、本件が漏れたら、貴様の口から漏れたものと思い、尋ねだして手打ちにするからそう思えとのこと。

仏の入った葛籠を背負うのは気味の悪いもので、三右衛門は淋しいところを歩くのはこわいので、にぎやかなところばかりを歩いている。この調子なので、どうしても捨てることができないでいたが、どこをどう歩いて捨てたのか、三右衛門は下総へ帰りついた。

葛籠は根津七軒町の秋葉の原に置かれていた。この葛籠をめぐって、近隣の長屋の住人(上方者の夫妻)、家主夫妻、居候たちの間で滑稽な争奪戦が行われる。葛籠の中身はどんなお宝かと期待をふくらませていると、なんと死骸が・・・。娘のお園が父・宗悦の死骸であることを確認。これが怪談の発端。

その2へつづく・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その0) [落語]

夏と言えば怪談噺。という訳でもないのですが、「真景累ヶ淵」の登場人物とあらすじについて書き綴っていきたいと思います。この噺の原作は「牡丹灯篭」と同じ三遊亭円朝。「牡丹灯篭」も長い噺ですが、「真景累ヶ淵」はさらに長い噺で、登場人物の人間関係も非常に複雑です。

「牡丹灯篭」については、以前、当ブログにて、採り上げたことがありました。その時にも書いたとおり、私が円朝モノにはまったのは今から約10年前。東京勤務時代に、通勤の満員電車内で読む文庫本を神田の古書店で探しているときに、たまたま見つけたのが岩波文庫版の「牡丹灯篭」でした。そのあまりのおもしろさに、感動で震えた覚えがあります。続いて読みたくなったのが「真景累ヶ淵」で、同じく岩波文庫版で見つけることができました。ただし、かなり古い本で、活字も小さく、旧かなづかいで非常に読みにくかったため、一日に読み進むスピードは「牡丹灯篭」に比べてかなり遅かったと思います。その分、じっくり、味わいながら読み進むことができ、続きを読むために、次の日の通勤時間が待ち遠しいという日々を送っていたのが懐かしい思い出です。

当ブログでも、「牡丹灯篭」につづいて、すぐに、「真景累ヶ淵」の紹介にとりかかりたかったのですが、何しろ大作で、作業的にとても大変なので、踏ん切りがつかずに今日まで至ってしまったというわけです。何日かかるか分かりませんが、少しずつ、進めてまいりたいと思います。参考書籍は岩波文庫「真景累ヶ淵」2007年改刷版を使用します。約50年ぶりの改刷版で、活字も大きく、仮名遣いも大変読みやすくなっており、助かりました。その分、ページ数は1.5~2倍近く分厚くなっていますが・・・。

三遊亭円朝作「真景累ヶ淵」

主要登場人物:

皆川宗悦(根津七軒町の鍼医で高利貸)

豊志賀(宗悦の長女)

お園(宗悦の次女)

深見新左衛門(小日向服部坂上の旗本)

深見新五郎(新左衛門の長男)

深見新吉(新左衛門の次男)

三右衛門(深見家の下男)

勘蔵(深見家の門番)

お熊(新左衛門の妾)

下総屋惣兵衛(谷中七面町の質屋の主)

お久(小間物屋・羽生屋三五郎の娘)

土手下の甚蔵(羽生村のバクチ打ち)

三蔵(羽生村の質屋の主)

お累(三蔵の妹)

惣右衛門(羽生村の名主)

お賤(惣右衛門の妾)

惣次郎(惣右衛門の息子)

惣吉(惣次郎の弟)

お隅(惣次郎の嫁)

安田一角(横曾根村の剣術家)

花車重吉(元・惣右衛門の使用人で関取)

山倉富五郎(元・座光寺源三郎の用人)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い