So-net無料ブログ作成
検索選択

タコ11&12を一日で聴くコンサート!!(作成途中) [クラシック音楽]

大フィルの定期演奏会からただ今帰ってまいりました。もうなんと言うか、お腹一杯で苦しい状態ですw

でも、めちゃくちゃ楽しかった!!

平成29年2月17日(金)、於・フェスティバルホール

大阪フィルハーモニー交響楽団第505回定期演奏会 

開演:19:00

管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

指揮:井上道義

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調「1905年」作品103

ショスタコーヴィチ:交響曲第12番ニ短調「1917年」作品112

最初、このプログラムを見たとき、「何だ、これは?」と思った。多くの方がそう思ったのではないか?また、仮に演奏するにしても、曲の順番はこの通りなのだろうかとも思った。なぜなら、12番は11番よりも演奏時間が少し短いからだ。通常は最後に演奏される曲がその日のコンサートのメインディッシュになるのだが、この順番だと前菜の方が豪華メニューとなってしまうのではないか?

この日は開演前に大フィルの事務局の方によるプレトークがロビーであり、とても興味深いお話が披露されていた。

そこで分かったことは、今回の2曲が同じ演奏会で同時に演奏されることは恐らく今回が初めてとのことだった。理由としては、色々なことが考えられるそうだが、一曲だけでも演奏が大変な曲を、2曲同時に演奏できるだけの演奏家側の技術の問題があるとの指摘があった。しかし、何よりも、こんなプログラムで果たしてお客さんが入ってくれるのかどうかという不安が主催者側にあることが大きいように感じられる。苦労して練習を重ね、演奏会を開催しても、お客が入らないのでは興業としては問題がある。ところが、あの広い大阪フェスティバルホールが9割方埋まった印象であり、集客的にも大成功だったのではないか?

また、このプログラムは井上マエストロが、いつかはやりたいと考えていたものだったようで、大フィルの主席指揮者としての最後の定演ということで、このタイミングでのプログラムとして、楽団側も合意に至ったのであろう。大フィルとしてはこの2曲とも今回が初演だったらしい。さらに、12番については井上マエストロは昨年、N響定演で振ったばかりであるが、この時の演奏もN響にとって初演であったらしい。

11番と12番はいずれもロシア革命を題材としたいわゆる表題音楽で、ショスタコーヴィチには「革命」を題材にした曲を4曲残しているのだという。残る2曲は交響曲2番と3番であり、通常「革命」と呼ばれている5番は本人以外の誰かが「プロパガンダ」としてつけたものなのだそうだ。11番と12番はテーマとしての連続性があり、同日に演奏するとすれば、やはりこの順番で演奏することになるのであろう。なお、井上マエストロは退任後も大フィルの定演に登場予定で、来年3月には2番、3番が同日演奏されるとのことである。

(以下作成中)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。