So-net無料ブログ作成

「真景累ヶ淵」登場人物とあらすじ(その4) [落語]

4.お久殺し

登場人物:

深見新吉(深見新左衛門の次男)

お久(小間物屋・羽生屋三五郎の娘)

土手下の甚蔵(羽生村のバクチ打ち)

あらすじ:

豊志賀の書置は、慄える手で書かれ、「心得違いにも、弟か息子のような年下の男と深い仲になり、これまで親切を尽くしたが、その男に実意が有ればの事、私が大病で看病人も無いものを振り捨てて出るようなる不実意な新吉と知らずに、これまで亭主と思い真実を尽くしたのは、実に口惜しいから、たとえこのまま死ねばとて、この怨は新吉の身体に纏って、この後女房を持てば七人まではきっと取り殺すからそう思え」とあった。新吉はこれをみてゾッとするほど驚いたが、他人に見せることもできず、懐へしまっておくのも気味が悪いので、湯灌の時にこっそりと棺桶の中に隠して小石川戸崎町の清松院という寺へ葬った。

伯父の勘蔵から墓参りを欠かさぬよう強く言われるものの、墓所へ行くのは怖いので、新吉は夜は避けて明るい昼間ばかりを選んで墓参りに往っている。ある日のこと、豊志賀の墓に誰かが先に来ているのでみると、羽生屋の娘のお久であった。 お久は7日のたびに師匠である豊志賀の墓参りを続けていたのだという。

久「新吉さんいい処でお目に掛かりました」

お久の母は継母で、豊志賀があんなに悋気らしい事を言って死んでいったのは、新吉とお久の間に何か関係があるに違いないと言っては責折檻をされているという。あまりに辛いので、下総の伯父のところに一緒に逃げて欲しいとの事。新吉は怖いのも忘れてその気になり、墓場から駆け落ちすることに。

その晩は遅いので松戸で一泊。翌日、古賀崎の堤へかかり、流山から花輪村鰭(ひれ)ヶ崎へ出て、渡し船に乗って水街道へかかり、遅い時刻になったがもうすぐ羽生村というところ。麹屋という店で夜食をして道を聞くと、これこれで渡しを渡れば横曽根村。土手沿いに回っていけば羽生村へ出るという。そこは昔、累(かさね)が殺されたという伝説があるところで累ヶ淵と呼ばれる場所。

お久の手を引いて行くと、この日は8月27日の晩で、鼻をつままれるのも知れないという真の闇、殊に風が吹いて顔へポツリと雨の滴。遠くからゴロゴロという雷鳴が聞こえ、ピカリピカリと雷光が・・・。怖がるお久だったが、土手を廻って下りさえすれば直に羽生村と思い進もうとすると、土手の上からツルツルと滑ってしまい、お久は何かでズブリと膝を切ってしまった。大層血が出ている。そこには草刈鎌が置いてあり、その上へお久は転んでしまったのだ。新吉は手ぬぐいで縛ってお久の応急手当をし、包を背負っているので負うことはできないが、肩へつかまらせてお久を連れて歩き出す。

お久「有難う新吉さん、・・・これから所帯を持って夫婦中能く暮らせれば、これほど嬉しいことはないけれども、お前さんは男ぶりは好し、浮気者という事も知っているから、ひょっとして外の女と浮気をして、お前さんが私に愛想が尽きて見捨てられたらその時はどうしようと思うと、今から苦労でなりませんわ」

新吉「何だね、見捨てるの見捨てないのと、昨夜(ゆうべ)初めて松戸へ泊まったばかりで」

お久「いいえ貴方は見捨てるよ、見捨てるような人だもの」

新吉「お前の伯父さんを頼って厄介になろうというのだから、決して見捨てる気遣いはないわね・・・、なぜそう思うんだね」

お久「だって、新吉さん私はこんな顔になったよ」

お久の綺麗な顔の眼の下にポツリと1つの腫物ができたかと思うと、たちまち腫れ上がり、まるで死んだ豊志賀の通りの顔になった。暗闇の中で、顔ばかりがありありと見えた新吉は、怖い三昧、懸命にこれを鎌で打ちつけた。はずみとはいいながら、逃げようとしたお久の咽喉(のどぶえ)に掛かり、お久は草をつかんで七転八倒の苦しみ。「ううン恨めしい」という一声で息が絶えた。

あたりはドウドウという車軸を流すような大雨で雷鳴も激しく轟き渡る。この場から逃げようとした瞬間、新吉はズルリと土手から滑ってボッサカの脇に落っこちた。すると、ボッサカの中から頬被りをした男がニョコリと立ち上がったので新吉は驚いたのなんの。

この男は土手下の甚蔵という羽生村のならずもので、小博打をしているところに手が入り、そこを逃げ出して、追っ手から逃れるためにボッサカの中に隠れていたのだった。

甚蔵「この泥棒」

新吉は這々の体で逃げ出し、どこをどう逃げたか一軒の茅葺き屋根の家に明かりがついているのを見つけ、助けを求めて住人を叩き起こした。しかし、その家は甚蔵の家だった・・・。

以下、その5へつづく・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0